フロントラインは危険? | フロントラインスポットオンは手軽に使えて安全性も高い予防薬です

フロントラインスポットオンは手軽に使えて安全性も高い予防薬です

フロントラインは危険?

「フロントラインは危険?」のイメージフォトです。

インターネットで飛び交っている噂の中で、フロントラインは犬や猫にとって危険な薬だから使用するべきではないという意見を見たことはありませんか?
頼りになるノミダニ駆除薬を探しているときに、こういった意見を目にしてしまうとどうしても不安になってしまいますし、安全性が気になってきますよね。
数多くのペット用の医薬品を製造しているメリアル社から発売されているフロントラインスポットオンですが、安全性は一体どうなのでしょうか。

先ほども少し触れましたが、フロントラインスポットオンに使われている有効成分はフィプロニルです。
このフィプロニルは農薬にも使われているので、フロントラインが危険な薬だという噂があるのはこういった面からきているようです。
確かに農薬にも使われていると聞くと心配になるかもしれませんが、安心してください。
フロントラインスポットオンは安全性が高いペット用の医薬品なので、ペットに使っても問題ありません。

フィプロニルは昆虫類の神経伝達物質であるGABAの働きを妨害することで駆虫効果を発揮します。
この効果は昆虫類にのみ現れ、人間や動物のGABAにはほとんど影響しないという特徴があるんです。
また、フロントラインスポットオンをはじめとした動物医薬品はきちんとした審査を受けて承認されたもののみ発売されています。
つまり、安全性が高いときちんと判断されてから発売されていますので、安全性も問題ありません。
フロントラインスポットオンの使用を考えている人は、安心してペットにフロントラインスポットオンを使い、ノミやマダニを予防しましょう。